もっとにわとりとたまごについて知ってほしいため、ここではにわとりとたまごに関するよくある質問をご紹介いたします。
また、皆さんからのご質問をメールフォームより受け付けております。
お気軽にご質問ください。

よくある質問

生卵を割ったら白身が若草色をしていました。(黄身に異常はないようです)

白身は無色・透明なようで黄緑色がかった色をしているのが普通です。これは白身にあるリボフラビン(ビタミンB2)の色素によります。若草色と言うと、かなり色が濃いので、飼料中のリボフラビンがかなり多いことによるものと思われます。また、シュードモナス(緑膿菌)が繁殖した腐敗卵では白身が黄緑色の蛍光を発しますが、冷蔵などかなり長期に保存した卵で見られるものです。

卵黄の中心に白い斑点のようなものがあります。

卵黄の上部中央にある白い斑点は胚盤と言って、受精していればここから血管ができて心臓が鼓動し、発育の段階にしたがって徐々に鳥らしくなっていきヒヨコに育つところです。

タマゴの白身の部分が白く濁っていますが、どういうことによるのですか?

産まれて間もない、新鮮卵では白身が透明でなく白く濁っているように見えるものです。これは白身に溶け込んだ二酸化炭素の微細な泡によるものです。しばらく放置すると、卵の内部から二酸化炭素が放散し透明の白身になります。

白身に血のようなものが混ざっています。食べてかまいませんか?

黄身に付着した血液片は血斑(ブラッドスポット)と言い、食べても問題ないものです。白身中の血液は主に卵管から出血されたものと想像されますが、大量に白身に溶け込んだものは「血玉卵」といい、食用には不適とされます。

タマゴを割ったら虫が出てきましたが、食べられますか。

回虫など腸内寄生虫が卵の中に迷入することがあります。これは卵管と腸が総排泄口に開いているため、腸から出た寄生虫が卵管の末端から入り込んだものと言えます。放飼いなどで回虫がたくさんわいたときなどに時折見かけるものです。タマゴは食べないほうがいいでしょう。

タマゴの中から黄色いガムのような異物が出てきましたが、とういうものですか?

異常卵胞には変形してチーズのようなもの、ゆで卵のようなものなどいろいろな卵胞があり、こうした異常な卵胞が卵巣から排出されて卵に入り込んだものと思われます。このような卵は食用不適となります。

卵黄のないタマゴは食べることができますか?

卵黄のない卵を「無黄卵」といい、初産期にはよく見られます。タマゴの形成は排卵後卵管内で黄身にまとわるように白身が分泌されます。つまりタマゴの核(中心になるもの)が卵形成上必要なのです。そこで、無黄卵とはいえよく観察すると中心に組織片等が認められるのが普通です。無黄卵は小さくて丸いとか、殻の内側にある膜だけでかたい殻のない軟卵などになってしまうことが多いのですが、卵白は正常なので食べて、食べられないものではありません。

卵は水で洗うと食中毒になると聞いたのですが本当ですか?  
また、卵を扱う上で気をつけるべき点を教えてください。

鶏卵の殻には微細の孔が7,000~10,000個あるとされており、水洗は汚れとともにバクテリア等微生物を中に導くことがあるため食中毒のおそれが懸念されるということでしょう。そこで、水洗した卵を保存することは勧められません。  
パック詰卵は洗卵時にお湯を使うことによって、タマゴの内容物を膨張させて内部の圧力を高め、直ちに乾燥して表面の汚れを落としています。また、次亜塩素酸ナトリウム溶液等を用いて表面を殺菌しています。 タマゴの汚れが気になるのであれば、乾布でぬぐい取るのが良いでしょう 。

このページの先頭へ