毎日、たまごを食べてもコレステロールの心配はありません。

あなたは、間違ったコレステロールの情報で、
たまごを控えぎみにしているということはありませんか?
「たまごとコレステロール」について、
きちんと学んでみましょう。

人間のからだは約60兆個もの膨大な数の細胞から成り立っており、コレステロールはそれらの細胞を構成する細胞膜の材料であり、細胞膜を強くし、支えているのです。

生体機能を調節するホルモンの材料で、副腎皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンなどの構成成分になります。

食事からとり入れた脂肪などの消化吸収を助ける胆汁酸も、コレステロールを材料として肝臓でつくられています。



 
しかも、これらの細胞膜やホルモン、胆汁などは、毎日、生産を繰り返しているので、その材料であるコレステロールも毎日補充しなければなりません。


コレステロールそのものに、悪玉、善玉があるわけではありません。コレステロールは、リポたんぱくという粒子状の物質になって、血液中を運ばれています。つまり血液中の脂肪を運ぶ"船"が、リポたんぱくなのです。

LDLというリポたんぱくで運ばれたコレステロールを悪玉コレステロール、HDLというリポたんぱくで運ばれたコレステロールを善玉コレステロールといいます。

血液中で増えすぎた悪玉コレステロールは血管壁に入り込み、動脈硬化を促進します。一方、善玉コレステロールは、血管壁に付着したコレステロールを回収し、動脈硬化を抑えます。




たまごを食べても、悪玉コレステロールを増やす心配はありません。卵黄に含まれるレシチンというリン脂質は、コレステロールの体内での蓄積を抑え、悪玉コレステロール値を低下させる働きがあるのです。

さらにたまごには、悪玉コレステロール値を低下させるオレイン酸という脂肪酸も含まれています。

レシチンやオレイン酸は、悪玉コレステロール値を低下させるだけでなく、善玉コレステロール値を増やしてくれる働きもあります。



 コレステロールは、1日につき男性750mg、女性600mg未満という基準値※がつくられていますが、この数値は少ないほど良いということを表しているわけではありません。
 他の食品からの摂取を考えても、1日1~2個のたまごを摂ることはその範囲内なのです。
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準2005版」より


 脳卒中とコレステロールの関係について、国立循環器病センターの研究グループによる8年間の追跡調査で、血液中のコレステロール値が低い人ほど脳卒中の発症リスクが高まるという結果が得られています。
 日本脂質介入試験(J-LIT)という5万人を対象にした臨床試験で、総コレステロール値が180mg未満になると、がんの死亡者が増えることが報告されています。また、大阪府八尾市の住民1万2000人の調査結果でも、コレステロール値が低い人ほどがんの罹患率が高まることがわかっています。
 低コレステロールの弊害は、うつ病の発症にも関係しており、東京都老人総合研究所による65歳以上(504人)の人を対象に、4年間追跡調査した結果でも、低コレステロールの人はうつ病になりやすいという報告がされています。



 2006年11月、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)は、「たまごをほぼ毎日食べる人」と、「週に1~2日しか食べない人」を比較すると、「血中コレステロール値や心筋梗塞の危険性は変わらない」という疫学調査を発表しました。
 この調査は、1990年から10年間、全国10府県の40歳から60歳の男女約10万人の生活習慣病を追跡したという信頼できる大規模なものです。
 そのうち、「たまごを食べる回数とコレステロール値、心筋梗塞の発症率に関連性はない」という調査結果がでました。

このページの先頭へ

前のページ